一人暮らしと実家暮らしの違い

「給料」という言葉を聞いて、嬉しくならない人はまずいないでしょう。では、その使い道はどうでしょうか。ここでは、まず大きく2つに分けることができます。それは、一人暮らしと実家暮らしです。
一人暮らしと聞くと「貯金できない」「お給料がある程度高くないとできない」など、やはりお金がかかることからマイナスを連想する人の方が多くいます。実際に、一人暮らしをしようと思うと最低限必要になってくるのが家賃・光熱費(水道代などを含む)・食費・消耗品費などがあげられます。これにプラスしてさらに交際費や医療費などが必要になってくると、将来のために貯蓄したくてもできない人がほとんどでしょう。では、実家暮らしはどうでしょうか。実家暮らしでは、前者であげたような生活をするために必要な最低限の費用は親が負担してくれる家庭もあります。給料の使い道としては、自分の趣味や娯楽費・友達と遊んだり好きなものを買うなど、自分の思うように多くのお金を使えます。もちろん、貯蓄にお金をあてている人も多いでしょう。
このように2つを比べてみると、一人暮らしのほうがデメリットが多いように感じます。前に述べたことと比例して核家族が増えている現在、お金の面だけでなく心の繋がりでも、やはり一人と家族と住むのとでは変わってくるのではないでしょうか。それぞれに、メリット・デメリットはあります。自分自身が仕事で稼いだお金は、納得した使い方をすることがなにより大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP